サガプリンティング 社会貢献活動
自分史を書いてみませんか

自分史は、「自分がこれまでに生きてきた人生の足あと、自分の存在した証を文章として残したもの」すなわち、自分の歴史そのものです。伝記やプロの作家が書く、賞をとるための小説ではありませんから、上手い表現で書く必要はありません。

自分の書きたい事を、思いのままに書き綴るという気持ちで書けばよいのです。

文章を書くなんて難しい‥と考える前に、まず、あなたの脳裏に思い浮かんだこれまでの人生の中のあなただけの記憶を、思い出してみませんか?自分の思いを文字にして残す、思い浮かぶままに。浮かんできたものを書き留める…。

あなたの脳裏に浮かびあがったのは、どんな日々でしょうか?楽しかった日々?辛かった日々?怒りに震えた日々?自分自身を振り返りながら、書いてみましょう。

自分史の書き方

書くための決まりはありませんが、できるだけ年代順に書き始めた方がよいのですが、記憶を振り返り思い出すままに、書きたいところから始めても結構です。

どんな風に書き始めましょうか?

例えば履歴書を書いてみる。古い写真や日記、手紙などを読み返してみる。自分が一番楽しく書ける方法で始めましょう。また、「自分史」とはいえ、人は自分だけで生きているわけではありません。書きながら、他者や時代背景など自分との関わりも考えてみることが大切です。資料や参考文献などを参照しながら、書いた内容が事実に合っているかどうかをチェックする。そういったことも「自分史」を完成する上では大切なことです。

でも、一番大切なのは自分が楽しみながら書くことです。あなただけの歴史「自分史」を是非、作り上げてください。

自分史の会・えすたでい

サガプリンティングでは自分史講座受講者が集まって作った「自分史の会」メンバーにより投稿いただいた原稿を編集し、1992年より年1回自分史の雑誌「えすたでい」を発行しております。

23年12月発行予定の第20号出版後一時休刊させていただきますが、今まで発行しましたバックナンバーの販売(1冊500円:別途送料350円)も行なっておりますので、ご希望の方は是非下記までご連絡下さい。

事 務 局 〒849-0936 佐賀市鍋島町森田909番地
       (株)サガプリンティング内 自分史の会「えすたでい」(担当:山下定美)
       ℡:0952-34-5100(代)